読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おじさんの悪あが記

日々の自転車ライフ・育児のことなどなど

若さは武器

MTB

じてんしゃの杜MTB練に参加。

うっかりコースで周回練。
早めに到着、春友トレイル行こうかと思ったが、雨明けだし止めといた。
なので、3〜4周コース確認しつつ流す。

杜の方々到着。
ワカマツさんとアカオギくん(ジュニア)、プラス、クチキくん。
皆で2周ほど走る。

60分走やるには暑さ的にキツイがとりあえずチャレンジ。
12分/周回として5周回と設定。
クチキくんスタート、1分後にワカマツさん、その1分後にアカオギくんと自分スタート。

1周目の二段坂でワカマツさんをパス。
2周目入るところでクチキくんをパス。
その後、アカオギくんとマッチレースとなる。

地足的にはアカオギくんだか、スキルでジワジワ差をつける。
終始前を走り、2周目終わりで5秒ほど。
3周目終わりで10数秒、4周目で30秒ほど広げる。

さすがにこっちもキツイ。
周回毎にタイムが落ち、差も広げたし5周目はキープしつつ逃げ切るつもりで走る。

が、ダブトラを上り切ると、一気に差を詰めてきている。
さすが若さ!17歳は走りながら回復してそう。
こっちもペースアップし逃げ切りを図る。
池横からのダブトラ上りで急接近。
二段坂にはビタヅキで入り、何とか先行して上る。
下りで再度ビハインドを作ろうと攻めるが、若者ついて来る。

ラスト平坦区間ダンシングで追い込むが若者は切れるどころか並んで来る。
何とか鼻差で逃げ切り、先着した(させてくれた?)。

この時期の60分走はやはり無理があった。
しばらくカラダが痺れ、まともに焦げない感じ。
日陰でしばし休憩し、2周ほど流しがてらレクチャー走して終了。

一応エリートの面目は保ったが、次一緒に走る時は、もう敵わない気がする。
スキルはまだまだ、無駄が多くてもったいないが、それをカバーする体力&パワーがある。
これにスキルが身についてくると、もう相手が出来ないな。
若さは武器、おじさんにはもう武器はナイ。

若者のおかげでかなり刺激の強い練習が出来た。
最大心拍数184、平均心拍数170。
いや〜キツかった。

Lap1 11m10s
Lap2 11m32s
Lap3 11m57s
Lap4 12m21s
Lap5 11m57s

徐々にタレて、最後追われてタイムアップ。
久々に追い込まれた。


帰りは高速使わず(高いから)下道で。
R6でがっつりラーメン屋へ。

たくみ家 豚そば(野菜増し)
豚そばだけに、チャーシューが美味かった。
最近、この手のラーメン、つけ麺にハマってます。