読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おじさんの悪あが記

日々の自転車ライフ・育児のことなどなど

弱虫ペダルSTARLIGHT CROSS in CYCLE MODE


シクロワイヤードより(C1スタート)

日時: 2016.11.5(土)
場所: 千葉県美浜区 幕張海浜公園Gブロック
天気: 晴れ 気温16℃くらい
結果: C1 10位 / 53人(20%) Top差 -2Lap

バイ
フレーム 2015 TREK BOONE 5
コンポ SRAM Force(10s) F:40T / R:12-30T
ホイール 4ZA CIRRUS PRO DISC TUBULAR
タイヤ challenge GRIFO 32 TU TEAM EDITION / 1.8Bar

過去2回、残念な結果に終わったレース。
今年はリベンジしたいと思い参加。
2014→http://trailman1976.hatenablog.com/entry/2014/11/10/225244
2015→http://trailman1976.hatenablog.com/entry/2015/11/10/222639

12:00頃に会場入り。
15時からの試走までマッタリ過ごす。

昨年の失敗を教訓に、今年はライトをハンドル前に取付ける。
通常ロードバイクに装着しているGarmin&ライトマウント。
これで、ダンシングで蹴っ飛ばす心配はなくなった。

●試走
基本レイアウトは去年同等+テクニカル要素が増した感じ。
個人的には得意系だが、トラップは多く、転倒・スリップダウン・パンクには注意。
レース時はナイター要素も加わり、一層注意しなければならない。

●アップ
ローラーで30分、インターバル5本入れて心拍を上げる。
いつもより1割ほどパワー値が高い。
ドリフトだとしても1割増しは気分的に良い。

●召集
15分前に召集場所へ。
ゼッケン#12、自分より前の選手を見ると、毎度、場違いな気持ちになる。
ステージング、2列目一番右側に並ぶ。
一番位置取りしたかった場所を確保出来た。

●レース
19:30、レーススタート。

ペダルキャッチからバイクを加速させると、左側で落車発生。
自分には影響はなく、試走でシミュレートした通り、アウトラインでコーナー進入。
混乱に巻き込まれず、出だし好調でスタートを切る。

前を走る選手との実力差があり、序盤は自分が先頭で一列棒状レースで進む。
前には、PAX鈴木選手とSNEL向山選手が見えるが、それなりに差がある。

レーススタートから15分ほど、3周目くらいまでは、いつもの如くキツイ時間帯である。

しかし、ここで順位を落とさないよう、微かに見える前の選手を追う姿勢で走る。
後方からの抜いてくる選手はおらず、むしろ、一列棒状も崩壊していた。

コーナー各所の切り返しで後ろにいるメンツと差を確認する。
PAX代田選手・WAKO’S山本選手・CUORE大塚選手が5秒ほど後ろに位置している。
前方と20秒ほどの差、後方と5秒ほどの差と、気の抜けない走りが続く。

後半、向山選手がタレ始めたのか、一気に差が縮み抜く。
さらに前を走る鈴木選手との差も詰まってきている。
後方からは相変わらず追われる形、5秒ほどの差は変わりない。

残り4周回に入り、後方は代田選手のみになっている。
MTBでは全く歯が立たない相手だが、シクロクロスでは勝てない相手ではない。
絶対に逃げ切ってやると強く思い、今にも攣りそうな脚だがチカラが入る。

80%ルール適用で、そろそろ切られるタイミングではあるが、カットエリアを通過。
8周目に突入、1コーナーで後方を見ると、自分が最終走者となっていた。
残り3周だが、おそらくこの周回で切られることは間違いないであろう。
と思ってたら、9周目に入れた。

残り2周回の表示、この周回を逃げ切れば完走出来ることになる。
コース各所で沢山の応援を受け、仲間内からも「逃げきれっー!」とゲキが入る。

後ろから迫るトップとの差が何となく分かり、逃げ切れそうだ。
これまで乗車で行っていた激坂は、確実にクリアするため、降車して上る。
シケイン、テーブルトップを越え、最後の林間セクションへ入り、逃げ切れると確信。

と思った矢先、ここで足切り・・・
「サバイバルレースの最終走者としてガッツポーズでゴールする」と言う妄想。
妄想で終わってしまった。

このレースで10位と言う順位は自分的には上出来ではあるが、だからこそ完走したかった。
なので、大いに悔しさが残るレースとなってしまった。
冷静に考えると、前の周回で足切りだったと思うし、実力的にはまだまだ完走レベルではなかった。

久々にシクロワイヤードの記事に名前が載った。
記事じゃなくて結果の欄だけど。
シクロワイヤード記事
http://www.cyclowired.jp/news/node/216713

   タイム
Lap1 06:09
Lap2 06:12
Lap3 06:15
Lap4 06:22
Lap5 06:15
Lap6 06:17
Lap7 06:21
Lap8 06:16
Lap9 06:30
Lap10 06:17(80%カット)

コース各所で応援して下さった皆さん、ありがとうございました。
茨城シクロクロスチームの皆さん、ピット&サポート、ありがとうございました。
レース前のバイクトラブルに対応して頂いたゼンメーさん、ありがとうございました。

●備忘録
9時過ぎに自宅発、圏央道ー東関道で10:30着。
自宅から1時間ちょいとアクセス良好だが、メッセ駐車場は不便で融通が利かない。
日曜日に試乗会に行った時、隣のQVCスタジアムに駐車した。
歩道橋渡らずに済むし、600円だったし、こっちの方が利便性が良い。

●2016-2017 レース結果
① 9/25(日) 茨城CX七会 8位/22人
② 10/10(月) JCX#1小貝川 23位/75人
③ 10/23(日) JCX#2白樺湖 43位/75人
④ 10/30(日) JCX#3さがえ(UCI-2) 22位/40人
⑤ 11/5(土) STARLIGHT CX 10位/53人