読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おじさんの悪あが記

日々の自転車ライフ・育児のことなどなど

2017 Yawatahama International Cross-Country Race (UCI-Class1)

大会名:2017 Yawatahama International Cross-Country Race (UCI-Class1)
日時:2017/4/23
場所:愛媛県八幡浜市 八幡浜スポーツパーク

クラス:Men Elite
距離:4.3km×6Laps=25.8km

順位:32位 / 66人 -1Lap (U23含む 40位 / 83人)
使用機材
・バイク 2015 TREK Superfly 9.8SL
・フォーク 2017 FOX Factory 32 Float Step Cast
・コンポ SRAM XX1 Fチェーンリング:32T
・ホイール BONTRAGER RXXXL 29er TR
・タイヤ
F:BONTRAGER XR1 / 1.7Bar
R:BONTRAGER XR1 / 1.6Bar


2017開幕戦、八幡浜
自分的に例年よりも早い開幕戦。
まだまだカラダの準備が間に合っていない。(重量的に)
意気込みとしては、現状、どの程度のレベルかを確認するレースとして臨む。

アップ。
会場周辺の登坂路で30分ほど。
いつも通りのメニューで心拍上げとく。


今シーズンもtours.net。
エリート出走前に集合写真。
(クッチーとハギーはまた今度)

エリート出走は以下5人。
#49 ヤマニシ 2016エリート
#61 サマタ 2016エリート
#66 オオハシ 2016エリート
#90 ウエカワ 2016マスターズ
#102 コバヤシ 2016アドバン
チーム内争いも楽しみ。

召集、5列目くらいか?一番左側を確保。
九十九シングルトラックまでに少しでも番手を上げときたいところ。


スタート。
スムーズに入り、舗装上りで若干詰まるもまずまず。
シングルトラック進入直後に左目の前で落車発生。
ギリギリ回避し下りに入る。
序盤九十九区間は一列棒状。
自分のスピードでは下れずも、抜くに抜けない。
グラウンドを経て桜坂上り~後半のテクニカル区間も抜けず。
ゴジラの背中は例年になく乗りやすく、もちろんの乗車。
乗りやすいもあるが、今日はバイクに乗れている感じがある。
2周目からバラける。
50番手くらいから巻き返しにかかる。
上りは何か所もあるが、1本が短いため今の体型でも何とかなってる感じ。
下りは得意系のコースであり問題なし。
下りで詰めて、桜坂など広い所で抜いて行き、着々と番手を上げる。
コース前半の九十九区間、リズムを崩さないように。
下りではあるも、例年イマイチリズムを取れずに失速している区間
しかし、今年は良い感じで走れている。
無駄なブレーキングを抑え、効率良くコーナーリングすることを意識する。
後半、桜坂からの上り区間、1枚重いギヤを踏むことを意識する。
トルクフルにグイグイ踏む方が自分的にはスピードが乗る。
ゴジラの背中前のシングルトラック上りも同様に。
ゴジラの背中はフロント脱重を意識し、難なく越えて行く。
着々と番手を上げ、ペースも落とさず走り、5周目に入る。
順位を40番手あたりまで上がる。
6周目最終周回に入るにはビミューな感じ。
九十九区間を攻め攻めで下り、桜坂もグイグイ踏む。
さすがに脚が攣りそうな予兆が出てはいるが、気合いで踏み切る。
ゴジラの背中をミスなくクリア、最後の九十九下りを経てグラウンドへ。
ギリギリ行けな気配だったが、最終周回に入れず、敢えなく足切り
30秒ほど足らずで入れなかった・・・




photo by MIYATA

Lap1 16:01
Lap2 15:31
Lap3 15:45
Lap4 15:48
Lap5 15:42(80%エリア)

完走には届かなかったが、それなりに走れてた。
体重はまだまだ重いも、オフシーズン中はシクロクロスで追い込みまくっているせいか、高強度に対するタフネスが高くなった気がする。

次のびわ湖高島は長い上りのコース。
そう上手くは行かないだろうな。

応援、サポート、写真、ありがとうございます。
特にイワフー、サポートのためだけに広島から来てくれてありがとう。