読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おじさんの悪あが記

日々の自転車ライフ・育児のことなどなど

2016-2017 JCX第8戦 中井中央公園

シクロクロス レースレポート

日時: 2016.12.18(日)
場所: 神奈川県 中井町 中井中央公園
天気: 晴れ 気温13℃
結果: C1 16位 / 40人(40%) Top差 -3Lap

バイク(メイン)
フレーム 2015 TREK BOONE 5
コンポ SRAM Force22(11s)+CX1 F:40T / R:11-32T
ホイール 4ZA CIRRUS PRO DISC TUBULAR
タイヤ challenge GRIFO 32 TU TEAM EDITION / 1.8Bar

全日本選手権は終わったが、JCXランキング35位以内を目指すため、まだ終わらない。

とは言うものの、モチベーション的にはイマイチだったりする。
上位陣の参加が少なく、高ポイント獲得のチャンスではあるが。

午後の試走に合わせて会場入り。
試走は3周回。
担ぎが3箇所、左膝故障持ちにはツライ。
てか、カラダが重い影響の方が大きいな。
グランドからスタートに戻る舗装上りが何気にキツイな。

レース。
召集はゼッケン#18、2列目スタート。
スタートダッシュに若干遅れてしまう。

1周目、20番手弱くらいで通過。
4人くらいのパック、前のパックとは数秒差。
前のパックはハッシーと箭内くん、よく絡む選手であり追いつきたい。
ジワジワと前の2人との差を詰めるが、なかなかドッキングに至らず。
と後ろから前日にC1昇格した吉元選手が登場。

追いつかれたと思ったら、すぐに先行され、さらには前の2人に追いついてしまう。
さすがのフィジカルの高さだ。
と関心している場合ではなく、自分も負けじと追いかける。

4周目くらいにようやく追いつく。
吉元・ハッシー・箭内パックにドッキング。
吉元さんは少し落ちてきている。
ハッシーはいつもの平坦の強さがない。
箭内くんは若さ&軽量ゆえに、階段が速い。
自分は、追いついたは良いも、結構キツイ。
常に4人パックの最後尾を走る形。

5周・6周と何とか3人に喰らいついていたが、6周目の土手上り(担ぎ)で遅れてしまう。
グランドエリアの後半からゴールゲートに向かう舗装上りでジワジワ離れてしま
う。
野球場周りの平坦区間でグイグイ踏んで、グランドエリアで再び追いついた。
が、またも土手担ぎで遅れてしまう。
ここに来て左膝の具合がよろしくなく、左足の踏ん張りが利かず・・・
グランドに出てから必死で追い、次の周回にギリギリ入れるかどーか微妙なライ
ン。
舗装上りもダンシングでバイクを進めるが、ここで降ろされ終了。
前のパック(ハッシー、吉元さん、箭内くん)から降ろされた。

完走ラインはラップ6:40くらい。
自分は6:50くらい、1周あたり10秒足らずは大きい。
トップは6:10程度、1周40秒差はスゲー差だな。

自覚としては、階段の後半で失速。
左膝不調もあるけど、体重重いから後半に脚がキツくなる。
階段のほか担ぎが2箇所、どれも遅かった。

トレイルランをやっていた頃は、こう言うコースこそ、得意中の得意だった。
年々、ランニングをやらなくなったことで、トレイルランナーの頃の貯金は全てなくなった。
むしろカラダが重く借金を抱えてる感じだな。

クロストレーニング的にまたトレイルランも始めようとつくづく思う。
昔のようにガッツリトレイルランではなく、バイク3時間乗るところを、2時間バイクやって1時間ランニング的に。
カラダを絞る上でも、ランニングは非常に良いのはわかっているんで、取り入れて行こうと思う。

ピットサポートして頂いた、宇野さん・大内さん・西倉さん、ありがとうございました。
次も頑張りますので、よろしくお願い致します。