おじさんの悪あが記

日々の自転車ライフ・育児のことなどなど

夕方ちょっとだけシクロクロス

f:id:trailman1976:20210924224700j:plain

来週開幕戦なのを思い出した。
まだXTERRAの余韻に浸ってたかったんだが。
慌ててペダル付けて、去年のままのチューブラーで出動。

f:id:trailman1976:20210924224901j:plain
今年もこの組み合わせ。
某所で軽く思い出し走。
前後2barで走ったらゴツゴツ。
1.7barまで下げたら走りやすくなった。
確か1.6barくらいで走ってたような。
シクロクロス、すっかり忘れてんな。

そんなこんなして走ってたら、強烈な蜘蛛の巣に囚われ、テンション急降下してヤメた。
とりあえず、来週の朝練はシクロクロスにすることにした。
在宅勤務前にナベと小貝川練しよう。

XTERRA JAPAN 2021 MARUNUMA

f:id:trailman1976:20210923200027j:plain
2年ぶりです。
今年も中止になってしまうかと思っていたが、主催者様、片品村の方々のおかげで開催された。
開催に向けて、ご尽力頂きありがとうございます。

今年のXTERRAは個人的に盛り沢山。
9/17(金) MTB&Run試走
9/18(土) XTERRAユニバーシティ講師
9/19(日) フルディスタンス参加
9/20(月) ライトディスタンス(カミさんサポート)
仕事のピークと被ってたが、木曜日までに気合いで終わらせ、何とか金曜日、月曜日、有休取れた。

土曜日は台風14号影響が懸念されたが、雨が降ったり止んだり程度で、風は強く吹かず、ユニバーシティには影響ナシ。
ユニバーシティは好評?のうちに終わり、その後、一緒に試走したい言っていたタナベくんと試走に行く。
マッドコンディションなコースの変化具合を確認したが、そこまでコンディションは悪化してないと言うのが個人的感想。
タイヤは変更せず、マッドタイヤは使わずに行くことにする。
試走後、一番の課題のスイムの試泳に行く。
スイム得意なコスギくん小技のレクチャーを受けたり。
とりあえず水温は低めだが、そこまでキツくはなかった。
これにて終了。
金曜日土曜日と詰め込み過ぎか?ちょっと疲れたな。

f:id:trailman1976:20210924134437j:plain
レース当日、台風一過、快晴!
マッドコンディションも加わり、最高のシチュエーションが揃った!
楽しく苦しい日の始まり!

■目標
45-49年代優勝(2連覇)。
出場するしないはともかく、世界選手権の出場権は獲得したい。
総合はまあ10位以内くらいで良いかと。
30代の頃のようにチャンピオン目指して気負いしたくなく、楽しくレースをする。

■レース準備
f:id:trailman1976:20210923200158j:plain
f:id:trailman1976:20210923200155j:plain
早くに目が覚め、朝風呂済ませ、朝飯前に準備を始める。
バイクのセッティングを終え、6:00オープンのトランジッションエリアへ場所取りへ向かう。
バイクを押す距離を最小限にするため、Bike Out/In付近の一番端を確保する。
今年はゼッケン順ではなくフリーであった。
・バイク:2017 TREX Top Fuel
・バイクタイヤ:BONTRAGER XR3 2.4 エア圧/1.7bar
・スペアチューブ無、DART TOOLとCO2ボンベのみ
・ランシューズ:adidas TERREX CONTI MOUNTAIN

補給系
・ジェル×3個、トップチューブに2個貼り、背中に1個
・水分、バイクボトル1(500ml)、トランジッションに1本(500ml)

8:30からブリーフィング参加。
スイムが500m×3周回(1500m)なことに驚く!
600m×2周(1200m)だと思っていた・・・
バイクもコース延長され、今年のコースは、2019よりハードになった。

■ウォーミングアップ
ランニングで20分ほど+スイム300mほど。
湖畔沿いの舗装路でジョグペースで走る。
マツバさんやカジくんと言った、強豪選手も走ってた。
その後、ウェットスーツ着用し、スイムでアップへ。
f:id:trailman1976:20210923213338j:plain
破けている右肘に強力粘着テープで補修したが、可動部につき意味ナシだった。
ので、20cmほどの開口部がある状態でのスイムとなる。
機能的な問題と言うより、みすぼらしさの方が問題だ(笑)
水温は17℃とのこと、湖底の泥が異様に冷たい。
まあ水温低めだが、泳ぐ分には影響なく、第1ブイ往復、まあ300mほど泳ぐ。
前日試泳やこの時はそんなに苦しむことはなかったのだが・・・

■レース
今年も一大イベントレースが始まった。
気負いはないも、やはり最初のスイムの入りは緊張するな。

・Swim
f:id:trailman1976:20210923210627p:plain
500m×3周とか、メンタル的にキツイな。
スタート!いつものように焦らず入水、入水後5mほど歩いてからリアルスタート。
ウェットスーツの右肘の破れとか関係なく、とにかく息苦しい。
意識はせずも、知らずとペースが速かったか?
1周目、あまりのキツさに平泳ぎ多用、完全に出遅れる。
特に第1ブイ過ぎが地獄の苦しさだった。
f:id:trailman1976:20210923210647p:plain
(あまりのキツさに2周目なかなか泳ぎだせない図)

2周目、苦しいことを我慢し、とにかく慣れることに意識をおく。
すると、苦しさも和らぎ始め、ようやく本来の泳ぎを取り戻すことが出来た。
f:id:trailman1976:20210923211246p:plain
(とは言え、呼吸を整えるために歩いてる図)

3周目、特に問題なく順調に泳ぐも、1周目の大失速から、完全に出遅れてしまった。
年代ライバルのハヤカワさんは7分前にあがったと言う・・・
f:id:trailman1976:20210923211652p:plain

0:33:27 / Swim順位 41位

・T1
f:id:trailman1976:20210923211308p:plain
f:id:trailman1976:20210923211302p:plain
ソックス履きに若干手間取るも、動画を見る限り、1分半ほどでBikeパートへ。
ここで順位を上げたと思う。

・Bike
f:id:trailman1976:20210923211409j:plain
序盤の湖畔シングルトラック、声掛けして無理なく抜かさせてもらい順位を上げる。
この区間でマツバさんを抜き、丸沼高原横のトレイルでフルヤさんを抜く。
ペンション村過ぎのフィードで5番手と言われる、前を走るのは、カジくん、タケヤさん、タナベくん、ハヤカワさんの4選手と思われる。
ロングダブルトラック上りに入り、2019はここでハヤカワさんに追いつくも、今回は追いつけず。
大尻沼2周目、ようやくハヤカワさんに追いつき4位浮上。
ダブトラ上りでは誰にも追いつけず、大尻沼へのシングルトラック下りを猛然と下り2周回終了。
f:id:trailman1976:20210923211411j:plain
ここで3番手と言われるが、ん?誰も抜いてないと思うが・・・とりあえず、先を急ぐ。
環湖荘エリアのトレイルに入り、なんとカジくんに追いつく。
抜き際に声かけると、ハンガーノックになったと・・・
手持ちのジェルをあげようと思ったが、こちらもギリギリ、あげられなかった。
上りを終え、一気に下り、トランジッション到着。
MTB仲間のタナベくんがトップ。
カミさん情報では、7分ほどの差があるとのことで、追いつくのは厳しいです。
ランは速くないので。

2:07:01 / Bike順位 1位、2位通過

・T2
f:id:trailman1976:20210923211520p:plain
シューズ履き替え、水分補給、30秒ほどで終えてラストRunパートへ。

・Run
f:id:trailman1976:20210923211533p:plain
2位でスタート、トップを行くタナベくんとは7分差、1分遅れで、カジくんがスタートしたとアナウンスが聞こえる。
湖岸、ジャングル上り、ロープセクション、ニガテの舗装路、沢登りに沢降りなどなど、相変わらずの難コースだ。
f:id:trailman1976:20210923211607p:plain
ラスト、新ルートの山区間、微妙に走れる斜度につきキツイが走る。
道なきジャングルランを経て1周目終了、先頭のタナベ君との差をナント1分縮めたとのこと。
この1ヶ月ほど、ブリックランを10回ほどやってきた効果か、自分でもイイ感じに走れてる気がする。
後ろはタケヤさんで7分遅れとのことで、カジくんはハンガーノックから立ち直れなかったようだ。
後方7分差、こりゃ2位以上確定じゃないか?とテンションは上がるが、脚は上がらなくなり始める。
2周目湖岸、それなりに快調に走り、見えないタナベくんを追う。
中盤のジャングル上り区間ハンガーノックの予兆があって慌ててジェルを補給。
大きな失速感はなく、最後の山区間を上り切り、後ろを見て2位確定を確認する。
最後にやらかさないよう丁寧にジャングル下りを経て、メイン会場到着。
後ろを気にしつつ、ゴールへ向かう。
f:id:trailman1976:20210923211618p:plain
ゴールゲート前では双子娘が出迎えてくれ、最後は一緒にゴールテープを切り、2位でフィニッシュ!

1:06:47 / Run順位 10位

ゴールタイム
3:47:15 / 総合 3位 / 45-49歳年代 1位 (世界選手権出場権獲得)

スイムで撃沈し、バイクでなかなか上位に追いつけなかった時は、終わった・・・と思った。
しかし、諦めずに追っかけた結果、バイクで2位浮上し、ランで逃げ切り2位フィニッシュ。
今年も上出来な結果に、自分たちが一番ビックリだった。
タナベくんに負けたのは想定内。
(ラン1周終わりで6分差、終わってみたら14分差は何故だ?)
ハヤカワさんに勝ったのも想定内。
カジくん、タケヤさんに勝ったのは想定外だった。
勝負の世界には、何が起こるか分からんから面白いな!
45歳ジジイ、もう少し進化出来そうな気もするんで、来年も頑張ってみようと思う。

f:id:trailman1976:20210923212058j:plain
双子姉のベストショット
f:id:trailman1976:20210923212100j:plain
家族4人でのショット
f:id:trailman1976:20210923212052j:plain
双子娘達のお出迎え
f:id:trailman1976:20210923212102j:plain
優勝タナベくん、永遠のライバル、ハヤカワさん
f:id:trailman1976:20210923212105j:plain
MTBレース始めた頃の旧友コスギくん

XTERRAの魅力に取り憑かれ15年。
この競技は本当に楽しいな!
特に丸沼は格別!このジャングル感がたまらんなっ!
そのうち世界選手権にもまた行きたい!

XTERRA終わったけどバイク&ラン

練習開始。

まあ軽めに。
XTERRA終わったけど、何となくバイク&ラン。
f:id:trailman1976:20210922203031j:plain
ロード、マティアスルート。
リカバリー的に走っておしまい。

f:id:trailman1976:20210922203141j:plain
ラン、平沢コース。
ランシュー忘れ、車の中にあったのはスケボーシューズで走る。
ランシューの偉大さを実感した。

カラダの芯はまだ何となく疲れてる感じだ。
とある人に言われた通り、アミノ酸摂るようにしようかな。

f:id:trailman1976:20210922204034j:plain
f:id:trailman1976:20210922204031j:plain
年代優勝の記念品。
ちょうど良いサイズのマグカップです。

XTERRA15年の軌跡

昨日よりも今日の方がカラダが怠いです。

45歳、4時間弱追い込んだ後のダメージはデカイです。
とりあえず、仕事のピークを終えてからのレースで良かった。
先週金曜日と昨日を有休取り、今朝のメールチェックはちょっとドキドキだった。
緊急案件とか無く、ひと安心。

XTERRAのレースレポート書く前にちょっと振り返り。

XTERRA丸沼を振り返る。
2006~2013、2019、(2020中止)、今年で10回目だった。
2005、ウェットスーツ買ってエントリーするも、転職直後で行けなくなりDNS
なので、丸沼参戦は2006(30歳)からとなった。

2006 総合:11位 / 30-34:3位
2007 総合:12位 / 30-34:4位
2008 総合:11位 / 30-34:2位
2009 総合:5位 / 30-34:2位
2010 総合:5位 / 30-34:3位
2011 総合:3位 / 35-39:1位
2012 総合:2位 / 35-39:1位
2013 総合:5位 / 35-39:2位
2019 総合:4位 / 45-49:1位
2020 中止
2021 総合2位 / 年代(45-49):1位

初参戦は30歳、もう15年も経過してるのね・・・驚きっ!
丸沼の他、サイパン大会7回、世界選手権3回(2007-2009)に出場。
年齢、経験的に、ベテランのおっちゃんですね。
2012前後が自分にとってピーク。
この頃はフルヤさん・ハヤカワさんを倒してチャンピオンを目指してた。
結局フルヤさんだけには勝てず、チャンピオン獲得することは出来なかった。
当時は悔しさいっぱいだったが、今は良い思い出だな。
と、今年のレースを語る前に過去を振り返ってみた。

今年のエントリーリストを見て、良くても総合4位だと思った。
・パラアスリートのカジくん
トライアスロンほぼプロTKさん
MTB仲間にして2019準優勝のタナベくん
この3人で表彰台は決まり、自分はここに割って入るのは無理だと思った。
もう45歳だし、XTERRAは楽しく気楽に出場したいんで、シングルリザルトくらいを目標にした。

f:id:trailman1976:20210921214313j:plain
しかし、まさかまさかの総合2位!
撃沈スイムの41位から始まり、得意のMTBで爆走2位浮上。
ニガテなランで2位を死守しての総合2位。
2019に続き、想定を超える結果となり、自分でも驚き、大変満足であります。

楽しんで走って泳いだ(泳ぎは楽しくなかった)結果だな。

XTERRA LIGHT カミさん出場、旧友との再会

カミさん参加のXTERRA LIGHT。

f:id:trailman1976:20210920215718j:plain
Swim:600m(200m×3周)
Bike:10km(2.5km×4周)
Run:4km(1.0km×3周)
自分は今日は応援側。

Swim、大撃沈!
何度となく浮きを貰い休憩。
4搔きくらいしては休憩、こりゃマズイ。
幸いにも足が届くエリアもあり、歩きと平泳ぎと背泳ぎでブッチギリのビリでスイムアップ。

その後MTB、Runは速くないも淡々とこなしフィニッシュ!
とりあえず3時間はかからなかったが、各所に喝入れに行き疲れた。

旧友との再会。
f:id:trailman1976:20210920220407j:plain
加波一族と言うチームでトレラン、アドベンチャーなどなどバカみたい狂ったようにやっていた頃の仲間。
クボさん(男性)、トレランな彼女さんと一緒に参加。
この彼女さん、とんでもないセンスの持ち主で、何と女子優勝!
クボさんをランで周回遅れにしてしまうほど。
f:id:trailman1976:20210920220739j:plain
(周回遅れにしてしまう直前)

久々に会い、懐かしのバカ話しに盛り上がり、これまた楽しい時間だった。
これを機にまた遊びたいと思った。

XTERRA、とても良い大会でした。
事務局シマモトさん、すばらしい大会をありがとうございました!

金曜日からの試走。
土曜日のユニバーシティ講師。
日曜日のフルディスタンス準優勝。
月曜日のカミさんLIGHT応援。
楽しい4日間でした。

XTERRAレースデー

結果。

f:id:trailman1976:20210919221725j:plain
総合2位、年代(45-49)優勝!

スイム、撃沈でした。 41位通過

バイク、ガチ攻め! ラップ1位、2位通過

ラン、気合いの逃げ切り。 ラップ10位

f:id:trailman1976:20210919221407j:plain
MTB仲間のタナベ君と1.2フィニッシュ!
これはうれしい!
そしてタケヤケンジをぶっ倒した!

f:id:trailman1976:20210919221513j:plain
世界選手権の出場権ゲット!(今年or来年)

とりあえず体中痛いです。
明日はカミさんのライトクラス。
頑張ってもらいましょう!

XTERRAユニバーシティ講師、また試走、そしてスイム

今日から月曜日までXTERRAです。

初日、ユニバーシティの講師です。
シクロクロスでは3回ほどスクール講師をしたことある。
XTERRAでは当然のお初です。

生徒さんは7人。
男性2人、少年1人、女性4人。
丸沼のコースに特化したMTBライディングメインに、トランジッション色々。
ライトクラスのコースを1周走りながら、攻略方法やバイクの担ぎ方、乗り降りの仕方などを教える。
その後、トランジッションエリアへ移動し、トランジッションの基本を教える。
イクラックに掛ける向きや、スイムからバイクの移行の仕方など。
自分もトランジッションは苦手だったから、かなり考え、独自の早技とか教えたり。
その他、バイクポジションの修正などしておしまい。
まあ、良い感じに出来たのではないでしょうか?
終始帯同したカメラマンさんには、
「お世辞とかじゃなく、今までの(過去)ユニバーシティの中で一番良かったと思います!」
とお褒めのお言葉頂いた。
良かった良かった。

ユニバ後、サクッとおにぎり2個早食いし、待っててくれたタナベ君とマッドコンディションなコースの試走へ出る。
まあ昨日のコンディションより難易度上がるが、個人的には問題ナシ。
ただ横向き木の根のトラップ多く要注意だな。
下りはマッドコンディションならでは、これまた楽しさ1.5倍増しだな。
タナベ君、一昨年は総合2位、自分は4位。
スイムでタナベ君先行、バイクで抜きさり逆転、しかしランで再逆転され負けた。
バイク力もアップしているタナベ君はかなり強敵だな。

バイク後、本日のメインイベントのスイム練へ。
到着したばかりのコスギくんとカミさんと3人で、恐怖を味わいに行く。
水温、メッチャ低い。こりゃヤバイ。
10mくらい泳ぎ、何か怖い。
いったん岸に戻り、ひと息ついて再チャレンジ。
とりあえずブイに向かって泳ぐと、水温もそこまで低くなく、怖さもなくなり、淡々と泳ぎブイ到着。
スカーリングで休憩し、戻りスイムも問題なく行けた。
苦しくもなく、水温も最初だけ低く感じただけで、そーでもなかった。
とりあえず、何とかなりそーで良かった。

何気にクタクタ。
充実な1日だったが結構疲れたな。